第61回 『狭間』

先日、約一年振りにある飼い主さんから連絡がありました。『あの人どうしてはるんやろぉ。あの犬元気にしてるかなぁ。』って思ってた方だったのでとても嬉しかったです。コロナの影響もあり、約一年の間にその方を取り巻く環境がだいぶ変わってしまい、再会した瞬間に『あぁ、苦労されてるなぁ。』という印象を受けました。吠え癖に悩まされてるという事でしたが犬には問題ないとすぐに感じました。主従関係をつける散歩の仕方と、犬が吠えるメカニズムを指導しますとだいぶ心が軽くなられたご様子。ただあくまでスタート地点に立っただけ。勝負はこれからです。

私は『こうすれば治る』という方程式を示す事は出来ます。後はそれを飼い主さんが実行するだけ。実行する力を身に付けるだけ。訓練士の仕事は問題行動を治す事ではなく、飼い主を治す事。

犬・飼い主・問題行動。

その狭間に

私はいつも悩まされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA